ifeel

池島探訪(番外編) 



AAZ_5249.jpg









番外編という事で池島へのアクセスなどを・・・

池島は名前の通り島ですので船で行くことになりますが、佐世保港・瀬戸港・神浦港の三箇所から定期便が出てます。

佐世保港は1日2便しかなく、高速船のため波が高い時には欠航の恐れがあるし、神浦港は7便と使い勝手が良さそうですが

小型船(定員12名)のためこちらも波の影響を受けやすい。

なので瀬戸港発着のフェリーに乗るのが一番良いと思います(1日6便で片道440円、時間は30分位)

車で行かれるなら瀬戸港にある「市営源太島の本駐車場」に駐車するのが便利です。

ちなみに料金は24時間入出庫可能で1時間60円(最大600円)とリーズナブル(^^)


AAZ_5273.jpg







池島島内での移動は徒歩でと言いたいところですが、港から8階建てのアパートのある場所までは結構な坂道、

若い人や体力がある人はいいけれどおじさんには結構ツライです^^;

何かないのか・・・

あります、手段は二つ

一つは島内バス(ハイエースみたいなやつ)を利用、便数はかなり少ないですが1回100円で島内どこでも

行けちゃいます。

これを使って取り敢えず上まで行って散策しながら降りてくるとか、帰りもバスの時間を見て乗って帰るのも良いでしょう。

もう一つはレンタサイクル。

えー、自転車!坂道しんどいじゃんか!

とクレームの声が聴こえて・・・来ませんが、ご安心を、電動アシスト付きです(^_^)/

これは港近くの「みなと亭」で借りることが出来ます、1回(まあ1日ですよね)600円。

僕もこれを借りましたが、かなり楽に登れましたよ。

ただバッテリーが2時間位しか保たないのでお気をつけを・・・あ、あと「みなと亭」は不定休なので

土日にお休みのこともありますのでご注意を(_ _)


AAZ_5302.jpg








AAZ_5310.jpg






お店はあるの~? お昼ごはんとかどうすれば?

ご安心を、島内は1軒だけ食堂があります その名も「かあちゃんの店」! うーん、島っぽくていいわあ♪

人気メニューは「トルコライス」、「ちゃんぽん」、「オムライス」だそうで、悩んだ挙句

僕はトルコライスをいただきました~♪ これ他の方の記事でも書いてらっしゃいましたが、ほんとマイウ~です!

今度はちゃんぽん食べてみたいっすね。

ただこちらの店も不定休ですのでお気をつけて・・・

あとは港の近くに丸木ストアがあって食料品やお弁当などもありますが、土日祝祭日はお休みですので

島内に長く滞在する場合は一応食料持参の方が良いかもしれません、自販機はそこそこありますので

飲料の方は困らないとは思います(^^)


IMG_0848.jpg
by iPhone






散策記事にも書きましたが、炭坑内を見学したい方は当日でも受け付けてくれる場合もありますが、

事前申し込みが必要です。

島内見学ツアーも合わせてやってらっしゃいますので、ガイド付きで見て回られたい方などは

こちらを利用するのも手でしょう、立入禁止区域にも入れてくれるらしいので・・・

池島炭鉱さるく



AAZ_5452.jpg



泊まりたい!って方にはもちろんお宿もあります、「池島中央会館」

一泊二日で大人3384円、お風呂はありますが食事はありません、但し自炊は可能(共同キッチン)

島をゆっく満喫されたい方は是非♪

という訳で、文才のないわたくしの下手くそな説明ではありましたが、行かれる方のお役に立てればなによりです(_ _)






thread: スナップ写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

この記事に対するコメント

この最後の炭鉱の島、ウチのお客さまが2年居られましたが、
炭鉱の仕事というのがそれはそれは命を削りながら、そして
命を引き換えにされる仕事のように聞きました。
その代わり2年で少しの財産を築かれたようですが・・・
人の残したこの島の様々な建物ほか、やはり目を奪われますねぇ~
そこに残された苦難などが目に映るようです!

kan #qx6UTKxA | URL | 2016/12/22 08:48 * edit *

>kanさん

おはようございます。
コメントありがとうございます。
そうなんですね、ここの炭坑内には入ってはいませんが
かなりの湿度だそうで、これがかなり堪えるって言われてました。
崩落や酸欠などの恐れもあるのでほんと命がけだと思います。

trafalgar-law #- | URL | 2016/12/24 06:35 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ifeel365.blog130.fc2.com/tb.php/1256-ead317dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)